戦隊物のロボットで説明する核融合

戦隊物のロボットで説明する核融合

友人と特撮の巨大ロボットの原動力の話から、核融合についての話に飛びました。
火が燃えると、O2の酸素がCO2の二酸化炭素に変わってCが増えるけど、これって核融合じゃないの?
と友人が口に出しまして。

 

ガチガチの文系なので、核融合って言葉を聞いても、何かが増えるくらいの印象しかなかったのですが、理系の友人曰く全くの別物だとか。
水素とかヘリウムとか、そういうのを構成してる核が増えて別物になるのが核融合で、酸素が二酸化炭素になるのは化学変化だとか何とか。

 

そう言われてもイマイチわからないというと、戦隊物のロボットで例えてくれました。
メンバー別の搭乗機が水素とかヘリウムとかの原子で、火が燃えて二酸化炭素になったのは、合体して巨大ロボになったようなもの。
個別の搭乗機にパーツが追加されて別物にしちゃうのが核融合、と説明されました。

 

なるほど解りやすい。
難しい話も、興味のある物で例えて貰えれば覚えやすくていいですね。

 

まとめると、酸素が二酸化炭素になるのは毎回有る、敵怪人の巨大化からの巨大ロボ召喚。
でもそれじゃ強さが間に合わなくなってきてるから、テコ入れとして核融合が必要とされてるってことですね。
説明してくれた友人にも言った所、突っ込みどころあるけどもうそれでいいよと言われたので、大体合ってるみたいですし。