初ジンギスカン

初ジンギスカン

お隣さんがジンギスカンパーティをしようと言ってきた。
内心、ジンギスカンの嫌いな私は、え???って思った。
なので断ろうと考えた。
長い付き合いをしてくであろうお隣さんと無理してジンギスカンをしても、無理がたたると先々がやられてしまう。
好きでない私は全然嬉しくないし、逆に困ったなぁと。
でもせっかく行ってくれているのだから、子供達が喜んでくれるなら私は一家?別桃の食べればいいしな、って考えた。
そう思い変えていたら、違うものやいて食べればいいよ?他のみんなにジンギスカンしたら?といってくれたのでそうすることにした。
そしてさっそく用意。
ホットプレートで焼くので準備もお手軽。
イスを人数分子供達が用意してくれたので私は自分の食べる分の肉を解凍しお皿たちを用意した。
そしてジンギスカンパーティが始まった。
野菜もお隣さんが持ってきてくれてみんなでじゅうじゅう!
まずいよな?と思いつつ食べてみたらな、なんとおいしゅうごさいます!!で、いままでおいしくないイメージだったのに覆されるおいしさのお肉だった。
たれを自家製で作ったのだけど、それがいい感じに美味しかったのかもしれないしお肉とマッチして最高の味だった。
嫌いだったけど、いい肉だったら食べれるよ?に変身した一日でした。
美味しかった。